高橋 建投手 ヒーローインタビュー 2008年4月26日
         Flash movie編はこちら           

2008年4月26日 横浜ベイスターズ 対 広島東洋カープ in 雨の横浜スタジアム
      2−1 (7回まで投げ3安打5奪三振無失点 20イニング連続無失点)
  高橋 建投手 3連勝
アナウンサー これで3連勝になりました。まずはいかがですか?
高橋 建   嬉しいですよ。地元の横浜で勝てたし、ハイ。。
アナウンサー 今日は序盤から左右を丁寧にコントロールよくついているように見えました。
ご自身で振り返っていかがでした?
高橋 建   両コーナーと低めだけは意識して、うまくいったと思います、ハイ。
アナウンサー 7回には、ご自身のフィルダースチョイスなどもあって無死1塁2塁、ピンチを
迎えました。あの場面ではいかがでした?
高橋 建   最小失点差だったんで、まあバント失敗したんでね「よし」と思える
  ところもあったんですけど、上手く乗り切れました。
アナウンサー 今日はそして打線のほうでは、シーボル選手がこの前のジャイアンツ戦に続いて
今日も打ってくれましたね。
高橋 建   そうですね。ありがたいです。
アナウンサー ただ、今日も2対1ということで、この3連勝中も点差が少ない緊迫したゲームが
続いていますけど、精神的にはいかがですか?
高橋 建   打線が打てないときはピッチャーが守って、そのうち打線も打てるように
  なるんでね、それまで我慢して投げたいと思います、ハイ。
アナウンサー これでジャイアンツ戦に続いてこの試合も無失点になりました。安定している要因、
ご自身感じているところがありますでしょうか?
高橋 建   必死にコントロールして、両サイドに低めに、その意識だけです、ハイ。
アナウンサー このままいきますと、ご自身2回目の2ケタ勝利というのもファンの皆さんは
期待しているんじゃないかと思います。手ごたえいかがでしょうか?
高橋 建   そうですね、個人的にはそれが目標なので2ケタできるように
  頑張りたいです、ハイ。
アナウンサー おめでとうございました。

関連blogを見る Home